読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昇段!!

合気道

f:id:ojimagogo:20160410220837p:plain

4月9日 下稲吉中学校武道館 pm7:00〜

段位審査の試験も済み、晴れて参段の免状をいただく運びとなりました。

師である福田先生をはじめ、そのご家族、道場の仲間たち、そして私の家族、周りの人みんなおかげだと心より感謝します。

福田先生のもとで初段、弐段と、積みかねてきました。

福田先生から参段の免状を授かる日が来たとはとてもとても感慨無量です。

「私が参段なんて考えられないです。私が入門した頃は、参段の先輩なんて雲の上の人のようにすごかったという印象があります。はたして今の私が白帯の人たちにとってそんなふうになれてるかどうか・・・・プレッシャーがすごいです(⌒-⌒; )」

と言うと、福田先生は

「これから参段位に見合った合気道をできるように頑張ればいい。参段が重いと思うんなら軽くなるよう努力すればいいんですよ。

小島さんが参段の実力があるから(段位を)出したんじゃないです。もらった段位に恥ずかしくないよう努力して頑張れると思ったから出したんですよ。頑張ってください。」

f:id:ojimagogo:20160410223028p:plain

 

昨日も、不慣れな技でなかなかうまくいかなかった時に先生が指導をしてくれました。

 

「基本が大事なんです。わからなくなったら、初めに教えた呼吸法や体の変更を考えればいいんです。」

 

いつも最初の基本に戻れる素直な気持ちを持っていられることが一番大事だと思いました。

先日、土浦つくば合気会の齋藤さんが

 

道場は失敗しても許される場所。外じゃ(実戦)ではそうも言っていられませんけど。( ^ω^ ) 道場には失敗しにくると思って稽古すればいいんです」

 

なるほどな〜、すごく納得しました。

私は先生の前で、後輩の前で、“失敗したくない”“いい格好をしたい”

と、失敗を恐れるあまり硬くなってしまってうまくいかないでいるのです。

で、結果失敗しているんですよね。(⌒-⌒; )

「失敗してもいいじゃない」

確かに失敗しちゃダメだと言われたらミスばかりの私はとっくに破門で道場に通えてません。

でも改めて齋藤さんに言われたことで「ハッ」として、すごく気が楽になりました。

 

『オールドルーキー』  竹原ピストル

 「何度でも立ち止まって

  また何度でも走り始めればいい

  必要なのは走り続けることじゃない

  走り始め続けることだ」

 

何度でも始め続ける気持ちってとても大事です。私は参段になったばかり、また参段としては一年生なのでまた一から始めるのです。

気を抜くことはなく、さらなる高みを目指して技術向上のため稽古稽古です!

 

『オールドルーキー』  竹原ピストル

 「積み上げてきたもので 勝負しても勝てねえよ

  積み上げてきたものと 勝負しなきゃ勝てねえよ」

f:id:ojimagogo:20160410223006p:plain