読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真剣にって?

合気道

f:id:ojimagogo:20170202230140p:plain

 

先日、初段になったばかりの人が道場を辞めていきました。

 

まあ、去る者追わず、来るもの拒まずが福田先生の考えでので、私も彼に何も言うことはありません。

 

とりあえず、やめる理由を聞いたところ、「他の武道を習いたい」とのことでした。

今度行く予定の流派を聞いたら古武道系でした。

 

「私には合気道はむいてなかった。合気道より○○○の方ができる気がして・・・

福田先生の合気道の教えを新しいところでも活かしていきたい」

 

と先生や仲間に彼はお別れの挨拶とともに言いました。

 

様々な諸事情でやめるのは致し方のないことでしょう。

でも、彼のやめる理由はの言葉はちょっと引っかかるものでした。

 

彼と頻繁にやりとりがあった仲間から話を聞きましたが

「いつまでたっても黒帯になれない」

「よそは(古武道系)皆が真剣に稽古してるのにうちの道場のユルさって言ったら・・・なんで真剣に取り組まないんだ!と思ったらやる気が失せてきた」

等々、半年近くいろいろ彼から不満や愚痴を聞かされていたそうです。

 

確かに、福田先生の道場はいつも笑いがあります。

みんな楽しそうに稽古しています。

でも私はいつも真剣です。皆もそうだと思ってます。

顔はニコニコとして稽古していても、うまくいかなくて泣きたいときも多いです。

だから彼がそんな不満を持っていたと聞かされるまでは自分たちが

”ぬるい稽古してる”

とは思ってなかったのでした。

 

私には合気道、これ一つしか無いって気持ちで福田先生に師事して夢中になっています。

高い目標の前で、どちらかといえばうまくいかなくて、悔しくて、情けなくて、泣きたいときのほうが多いですよ。

好きで好きで好きで、追い求めてるのに届かない歯がゆさで一杯です。

道場では和気あいあいと楽しそうにやってますけどね。

顔に出すのは悔しいから。(//∇//)

私にとって道場の稽古はぬるいどころか冷水や熱湯です。

 

それぞれの心の持ち方で道場の稽古はぬるくも感じ、厳しくも感じるんだと思っています。

彼には福田先生の道場をぬるいと感じたのは本当なんでしょう。

私と同じ気持ちと思ってたのでちょっと寂しかったですけど。

 

刺すような緊迫感があって、エイ!ヤア!トオ!と気合い声と骨と骨がぶつかる音が響く道場だけが真剣な道場とは限らないと思うんだけどなあ・・・・

こんな私の考えがやっぱ、甘ちゃんでぬるいんでしょうか。

彼に言わせればそうかもしれませんね。

否定はしません。

 

私は稽古を始めて10年を超えました。

今まで一度も道場で怪我をしたことがありません。(ぬるいからなのか?)

ここ10年では私は福田先生門下の弟子の中では稽古日数も先生や先輩に投げられた数もナンバー1だと胸を張って言えます。

涙を流し鼻水を垂らすほど厳しい技もたくさん受けてきました。

 

「ぬるい稽古だ」

 

とのたまった彼は約5年の福田先生門下在籍時に2度道場で骨折して長期離脱しています。

「真剣に稽古に取り組め!」

とは簡単に言ってくれますが、私にとって一番の真剣さは怪我をしないことです。

どんな優れた技を身につけてようが、かたわになってしまえば能力が存分に発揮できないのではないでしょうか。

それに怪我した時、気まずいのはその相手です。

私はまた明日も楽しく稽古したいですから気まずくなるのはナシです。

 

福田先生が

「ぶつからないように」

「相手に合わせる」

「強引にやらない」

と言うのはトリの技術論として一般的でありますが、ウケが身を守ることでも大切なことであります。

適当な危険な技をやろうとしてる人に受けが合わせてやることはないですけどね。

 

話が脱線したようですが、合気道は真剣にやっていなかったら大きな怪我をする技が数多くある武道なんです。

だから合気道は試合はしないんです。

 

f:id:ojimagogo:20170202230145p:plain

合気道より○○○の方ができる気がして。

合気道の教えを新しいところでも活かしていきたい」

 

彼はそう言いましたが、そんな気持ちの持ち方だとダメじゃないかなと引っかかりました。

もっと真っ白になって、素直になって、新しい気持ちで一から学ぶ方がいいと思います。

合気道を活かして、柔道を活かして、などと始めっからは思わない方がいいかなぁと思いました。

合気道より・・」ってところも、次に習う武道を甘く見てる感じもして嫌な言葉のチョイスでした。

 

合気道は初段がスタート。それから合気道の本当の修行がはじまる」

と福田先生は言います。

初段になったばかりの彼はまだ合気道の修行をこれから始めるところなんです。

そんな彼が、一体合気道の教えの何を活かしていきたいと言うのでしょう。

意地悪言いすぎですが、彼に限らず多くの合気道家の初段って本当にそんなもんです。

空手や柔道の初段の重さはありません。

次のに習うであろう武道で中途半端な合気道知識を出していくのが良いことなのでしょうか。

 

去る者追わず、来るもの拒まず

 

ですので、また帰ってきたくなったらいつでもOK

 

シンプルに

「好き」

であるかどうかです。

彼にとって今は合気道が一番好きではなくなったんでしょう。

でも合気道がまた大好きになった時は仲間です。

合気道が大好きなもの同士また楽しく稽古しましょう。

今年もひとまず順風満帆と言えるかな

合気道

今年も今日で終わりです。

ブログは全然更新してませんでしたが色々ありました。

「ブログに記録として残そすほどことじゃねえかな」

と更新をしてなかったのですが、撮ったアルバム写真を見ていると思い出してみると、単純に面倒くさいとサボってただけで記録しておくことは結構ありました。

 

「 見わたす限りに広がる明日に

  溺れかけては呼吸をこがして

  やっと手に入れたものは一体なんだった?

  何でもなくてもちゃんと歌にしようぜ 」

       竹原ピストル〜「全て身に覚えのある痛みだろう?」より

 

日記なのですから来年はもう少しこまめに記録しようと思うのであります。

合気道は日々充実してました。

f:id:ojimagogo:20161231225538p:plain

 

f:id:ojimagogo:20161231225611p:plain

 

f:id:ojimagogo:20161231225648p:plain

私は4月には参段に昇段できました。

10月16日の茨城県連盟合気道演武大会では齋藤さんやムサビィさんと組んで今までよりも高いレベルの演武ができました。

未熟だった頃と比べ全然ダメだった反省!というのではなく、もっともっと完成度を上げるべく頑張りたいと思える仕上がりにもっていけたのは自分の稽古の積み重ねもありますが仲間と先生のおかげです。

f:id:ojimagogo:20161231225738p:plain

 

土浦つくば合気会の盟友の齋藤さんもめでたく弐段に昇段しました。

彼の成長はめざましく私には一番の刺激です。

私の成長に撮って欠かせない存在でいてくれます。今後も宜しくお願いします。

 

f:id:ojimagogo:20161231225824p:plain

 

2016.12.4「道主を囲む会」にて

「道主と奥様とかすみがうら合気会の面々」

f:id:ojimagogo:20161231230108p:plain

 

福田先生と磯山8段が昔の岩間時代の稽古の思い出を振り返り大笑いするみんな。

磯山8段

「あの頃は板の間でバンバンぶん投げられたから受け身も自然に覚えたんだよ。福田先輩にはいじめられたもんだよww」

福田先生

「嘘だよ、よく言うよww。俺は優しかったっぺよ。でもあの頃はどんなにキツくてもやめたいとは思わなかったんだよなぁ」

色々貴重なお話がたくさん聞けました。大先輩たちのお話はとても大きな財産です。

f:id:ojimagogo:20161231230547p:plain

 

年末の12月27日には恵比寿のリキッドルームでの竹原ピストルのバンド編成での特別公演も行けました。

f:id:ojimagogo:20161231194430j:plain

竹原ピストルのライブは6月にも単独ライブに行けたので今年は引き語り版とバンド版の二回行けました。

感動などという言葉では生ぬるい、ハンマーでぶん殴られたような衝撃波で全身の震えが家に帰ってもなかなかおさまらないライブでした。

春にはニューアルバムも出るそうなので、来年もまた行きたいです。

f:id:ojimagogo:20161231194511j:plain

 

f:id:ojimagogo:20161231194622j:plain

 

f:id:ojimagogo:20161231194654j:plain

 

「 生まれてきて良かった。とまでは思えないけど、

  生きてきて良かったとは思っているよ。

  だって、あなたと出会えたから。とまでは思えないけど、

  あなたが生まれていてくれて良かったとは思っているよ。 」

       竹原ピストル〜「トム・ジョード」より

 

仕事や合気道、特別なことは何も起こってないようでいろんな出来事や出会いがあり別れがありました。

土浦つくば合気道からは先輩の稽古仲間が一人天に召されました。

普通に日々を過ごせることの大切さを痛感する出来事が多くありました。

来年は子供達二人がともに受験。高校と大学へ。

無事に希望校に通って欲しいです。

初詣のお願いはそれで決まりですかな。

私は一所懸命に仕事をして学費を稼がないとね〜。

第12回国際合気道大会

合気道

f:id:ojimagogo:20161003173703p:plain

群馬県高崎市で開催された第12回国際合気道大会 に参加してきました。

国際合気道大会は4年に一度です。

会場は出来たばかりの高崎アリーナ。

f:id:ojimagogo:20161003174238p:plain

最終日10月2日の道主の講習会にかすみがうら合気会からは4人で参加しました。

f:id:ojimagogo:20161003171913j:plain

撮影してくれたシゲミさん曰く「トドの群れみたい」です。

f:id:ojimagogo:20161003174458p:plain

ぎゅうぎゅう詰めの中で稽古するのは初めてでしたが、狭い空間でどうするかを考える稽古はいい経験でした。

 

国際演武大会が終了した後にさよならパーティーにも出席しました。( ^_^)/~~~

f:id:ojimagogo:20161003175015p:plain

福田先生もご家族と参加してくれました。

f:id:ojimagogo:20161003175046p:plain

食事中に驚いたのは、先生が気がつくことの速さです。

外国人の男性や女性がウロウロしたり、戸惑ってると、すぐに察知してビールを注いだり、スプーンを渡したり、ナプキンをとって渡したり・・・

「先生、すごいですね。私は気が利かなくて・・・気がついても先生のスピードに負けちゃいます。(⌒-⌒; )」

と言ったら

「大先生と生活したり旅にしたりすると神経を研ぎ澄まして、大先生は何を求めてるのかを察知しないといけないんだよ。

大先生は「あれがほしい、それ取って」とは言わないからね。大先生の気を読んで合わせないと。大変だったけどあれもまた合気道の修行だったのかな。(^_^)」

稽古は道場の外にもあるようです。

私ももっともっと考えて生活を修行の場にしないといけません。

f:id:ojimagogo:20161003175143p:plain

昇級と昇段の審査会

合気道

f:id:ojimagogo:20160919190611p:plain

9月17日にかすみがうら合気会の審査会がありました。

みんな普段の稽古にはない緊張感漂う中で、覚えてるはずの技でも頭真っ白になってしまい動きが止まってしまいます。

f:id:ojimagogo:20160919191235p:plain

でも、この緊張感が大切なんです。私は今回はお手伝いだけですが、すごくワクワクします。

f:id:ojimagogo:20160919203814p:plain

審査を受けた娘さんのお母さんが

「うちの子ちゃんとできてましたか?落ちたかなぁ」

と言って心配してたので、今まで聞いてきた福田先生の言葉を交えて伝えました。

 

「良いか悪いかは置いといて、審査では全員合格ですよ。落ちる心配はいらないんです。

一つの「技」が本当の意味で会得できてるか、できないかで合否を決めるなら、今日審査を受けた8級から参段位以上の有段者を含め、全員不合格になっちゃいますよ。」

f:id:ojimagogo:20160919203912p:plain

誰もが最初に教わる「体の変更」一つとったって、初心者や級の人にはそれなりの、有段者にはそれなりの難易度や越えなきゃならない壁があります。

「あなたは参段になってるのだから体の変更くらいマスターしてるのか?」

と私が問われれば、

「いや、まだまだ技の真髄の裾の方に触れたような気がしてる程度です」

と答えるしかないです。

「はじめに極意あり」で「体の変更」は毎回やる基本技ですがいつまでたっても高い壁であり、合気の真髄だと思います。

 

私は参段を頂いた時に先生に

「私が参段なんて重すぎです」と福田先生に言いました。

すると福田先生は

「参段はまた新しくスタート地点に並んだことですよ。まだまだ先は長いんですよ。

技はね・・・できたと思ったらもう稽古はいらないでしょ。死ぬまで稽古するのは、まだまだこの上にいけるんじゃないかと思うから稽古するんです。

大先生(植芝盛平開祖)も亡くなるギリギリまで稽古してたよ。

例えば、

「俺は合気会から6段貰って、今では先生とか師範と呼ばれるようになった、自分の道場も持った。」

だからって合気道を全てわかったと思って指導者として振舞うようになったらその人はそこで終わりですよ。

死ぬまで修行は終わらないですよ。謙虚な気持ちを忘れたらダメです。

歳をとったり、怪我したり、膝が痛くて足が動かない、肩や肘が痛くて手がうまく使えない、その時はその状態でできる合気道を考えなくちゃならない。

道場を持つ、人に教える側になるということはそういう責任があるんです。

その立場で立場でやらなくちゃならない修行があるんです。

だから修行は死ぬまで終わらないんですよ。」

f:id:ojimagogo:20160919204756p:plain

審査では「気持ちを見るから」と福田先生や桑原先輩(6段)は言います。

各々のレベルでの技術の習得も大事ですが、取り組む気持ちが大事だと。

今回は異例の追試の子も出ちゃいましたが、来週の追試験は気持ちを出して頑張って欲しいです。

f:id:ojimagogo:20160919205044p:plain

サイドさん参段オメデトウ( ´ ▽ ` )ノ

いろいろあった夏も終わりました

家族

ブログの更新はずっと休んでおりましたが、今年の夏もいろいろありました。

先週、次男の中学生の最後の体育祭がありました。

f:id:ojimagogo:20160918204723p:plain

次男のサスケは運動は得意ではないのですが、目立ちたがりというのか、お調子者キャラではないんですけど人前に出るのが好きなようです。

生徒会役員に立候補したり、ソフトテニス部ではテニスの実力は下から数えて3番目くらいなのに大人数のソフトテニス部を束ねる部長を任されておりました。

まあ、どんなことでも秀でているということはいいことです。

体育祭では応援団長。

息子の中学校体育祭では「応援合戦」なる種目があります。

真団(白組)、美団(青組)、健団(紅組)に分かれて優勝を目指し戦います。

うちのせがれは真団(白組)の応援団長です。

f:id:ojimagogo:20160918204401p:plain

奥さんはハラハラしてました。母親はね、みんなそうでしょう。

声は出るのか、姿勢はちゃんとしてるか(普段猫背姿勢を注意してるので(⌒-⌒; ))、転んで怪我したりはしないか、緊張で頭真っ白になって進行を忘れてオロオロしたりしないか。(´Д` )


サスケ応援合戦

ビデオカメラ越しにせがれの勇姿を見る私には親バカですが、そんな心配をすべて跳ね返す見事な応援団長ぶりだったと思います。

残念ながら真団(白組)は優勝できませんでしたが。

f:id:ojimagogo:20160918204418p:plain

来年からは、早朝に観覧席の場所取りに行ったり、奥さんがお弁当を作る面倒もなくなりますが、なんか寂しいもんです。

「次は孫の運動会か?」と当分結婚の予定もない子供達のまだ見ぬ孫の運動会が楽しみに思うこの頃です。

稽古日誌

合気道

7月2日(土)

PM7:00 ~ 9:00 かすみがうら合気会 下稲吉中学校

体の変更

諸手取り呼吸法

片手取り小手返し

片手取り入身投げ

胸取り呼吸投げ

胸取り二教

座り技呼吸法

 

息子に

「“ひねもす合気道”ってブログなのに合気道のこと書いてないじゃん」

と言われ、まあ確かにそうだなとちょっぴり反省し久しぶりに合気道のことを。

ブログはサボってますが、合気道の稽古は週5日行ってるんです。(⌒-⌒; )

合気道は当たり前の日常のことになりすぎましたが、それでブログに書くこと無いから書いて無いということはなく、単にズボラなだけです。

稽古では毎回驚くべきことはたくさん起こっているのであります。

私よりも仲間の「呼吸投げの男」さんとかが上手なブログを書くのでそちらにお任せしてる感じですね。

いや、それも言い訳ですね私が無精者なだけです。

 

昨日はラマンさんが出稽古に来てくれました。

彼は身長が194cmで腕力もあります。

160cmの福田先生との身長差は34cmあります。私とは36cmの身長差です。

まさに大人と子供。普段大人と稽古する子供たちの気持ちが体験できます。

でも、子供や女性並みに身長の低い福田先生や私にとっては身長170cmの人も190cmの人も自分より高いという点ではあまり変わりません。

 

福田先生曰く

「大きな人には、自分と同じとこまで降りてきて貰えばいい。それには合わせと崩しができてればいいんです。合気道は合わせと崩しなんだからそれをやればできますよ。」

 

余計な力が入ると相手が降りてきてくれるどころか、背の高い相手に猿のようにぶら下がるようになってしまい大失敗です。ラマンさんとの稽古はそこが最重要なとこです。

でも身長が158cmの私は普段から自分より背の低い人と稽古するということが殆どないですからね。最近では中学生にもどんどん抜かれていきます。

そのハンデの分、技術を磨く努力を人一倍しないといけないのは結果いいことかもしれません。

私にとっては高身長のラマンさんは特別なことではないですから、他の稽古生ほどは緊張はしないで彼に望めるのはいいことです。

かすみがうら合気会の身長190cm近いサイドさんは自分より大きい人と稽古することは殆どない分、ラマンさんとは未知の稽古のようで戸惑ってる感じです。

力を抜いて「リラックス」した状態がいちばん強いのですから、普段、相対することがない人と稽古した時に「リラックス」できるかで真価が問われそうです。

 

福田先生曰く

「齋藤先生と外国に行くとな、みんな大きくてな。ヨーロッパではスウェーデンにイタリアに、ドイツ。齋藤先生からは“保っちゃん、外人には手加減しちゃダメだかんな”と言われてたから最初っから“ビシャ!”と決めたら、あとの数日間は「No No No(´Д` )」といって寄ってこなくなっちゃうんだwww」

「外人さんは真剣だから本物を知りたいんだ。だからこっちもちゃんとやってやる。向こうはこっちの都合に合わせてくれないですよ。小さいからってなめても来る。だからしっかり極めて教えてやる。www( ^ω^ )いい稽古になりますよ」

 

かすみがうらのみんなも私もラマンさんなど出稽古の人が来てくれるとどんどん稽古したくてお願いに行きます。うちの道場は出稽古大歓迎です。どんどんいらしてください。

f:id:ojimagogo:20160703234609p:plain

 

足半〜江戸

極真小町さんのブログで足半というものを知りました。

ameblo.jp

すぐさま欲しくなったのでアマゾン等で検索したのですがお値段がちょっと手が出せなかったので、100円ショップで買ったビーチサンダルで手作りしました。まあ、お試し用としてはなかなかいい感じです。

f:id:ojimagogo:20160624222258p:plain

合気道仲間の梅さんは

「自分でワラジぐらいなら作れますよ、私作ったことあります」

と言うのですが・・・

多分私はダメだな〜細いしめ縄も上手く結えないし。

 

f:id:ojimagogo:20160624214433p:plain

日曜日につくばみらい市にあるワープステーション江戸に行ってきました。

いままで仕事などで付近はよく通ったりしたけど、行ったことなかったです。

この日は奥さんの神経痛の鍼治療に付き合いまして、この診療所の近くになんかある?ということで診療所から10分のワープステーション江戸を散歩することに。

f:id:ojimagogo:20160624215500p:plain

様々な時代劇のオープンセットが建ち並びます。

映画やドラマで見たことのある風景に興奮です。

今はまってる朝のテレビ小説の「とと姉ちゃん」の撮影の一部もここでした。

f:id:ojimagogo:20160624215738p:plain

f:id:ojimagogo:20160624215756p:plain

f:id:ojimagogo:20160624215814p:plain

日曜日の午後にゆっくり散歩するにはなかなか気分がいいところでした。

f:id:ojimagogo:20160624220459p:plain