読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合気道 稽古

かすみがうら合気会 福田師範

体の変更

諸手取り呼吸投げ
杖取り三種
 
杖も腕の延長だと思って体術を考えながらやる事。みんな一緒なんだから。
杖だ、剣だと意識するから固くなっちゃうんだよ。
福田先生は武器技の時に特にそう仰る。
杖を奪うとき相手を崩さなくてはならないことはわかります。しかし力で押し上げよう、捻ろうと思ったり、引き上げよう、引き倒そうとすると杖の扱いに長けた有段者には全く通じません。杖など握った事もあまりない素人にはまた別の難しさがあるんですけど。
投げを打つとき我々の9分の杖は弓なりになって軋む。
福田先生の振るう杖は全くそんな事がない。先生の杖には相手の重心が乗らないのだろう。先生に杖をとられた瞬間僕らはまるで操り人形のようになってしまう。
体術をやってて未だわからない秘密が武器技の稽古で見つかる気がしています。